鉄道ファンから動物好きまで幅広く愛されているカメラ

メーカーが製造している純正品について

カメラは各種メーカーがそれぞれ製造開発を行っています。
ですので、それぞれのメーカーに合ったカメラの部品が一つ一つ丁寧に製造されていて、こういったメーカー独自の部品は純正品と呼ばれています。純正品は、その製品に合わせて作られているので、その製品の性能を100%引き出すことが出来ます。純粋にこのメーカーのカメラが好きというこだわりのある方は、純正品を使われた方が楽しめるし有効に活用できるのでお勧めです。
ブランド服に例えると、頭の先からつま先まで全て同じブランドで揃えるようなものだと思います。ブランドは一つのテーマのもとに作られているので、トータルコーディネートもしやすく出来ています。お値段もそれだけかかりますが、一揃えあると便利です。

メーカー以外の会社が製造している非純正品

各種カメラに合わせて製造されている部品のことを、サイドパーティー製レンズといいます。
メーカーが製造しているものではありませんが、それぞれのカメラに合わせて作られているので、カメラとしての機能は十分に果たすことが出来ます。
新亜光学工業株式会社が作っている製品は、これにあたります。こういった部品は純正品に比べてお値段も手ごろなので手に入れやすいというメリットがあります。カメラとしての機能も純正品と遜色ないなら、特にこだわらなければこのサイドパーティー製レンズで充分だと思います。しかも新亜光学工業株式会社製のレンズなら、その品質もお墨付きなので、取引したいメーカーも多く存在します。
一眼レフカメラはレンズ単独で購入することも出来るので、カメラ本体とレンズのメーカーが違うということもよくあることです。